ホーム > Books > pen No.216

pen No.216

pen
発行:阪急コミュニケーションズ
amazonでこの本を買う.

特集は、
手紙・アート・空間・プロダクト
知るほどに奥が深い、「紙」のぬくもり。

紙特集なんて、扁桃体に直火で攻めてこられたようなもの。
ボクみたいな人は要注意ですよw

クリエイターが使う紙は何が違うのか
では、杉本博司さん、ささめやゆきさん、武田双雲さん、池田学さんの使っていらっしゃる紙を。

紙のよさを再認識する身近な品々
には、夭逝した詩人の残した手紙や、フランス料理店の印象的なメニューなどを。

多彩なアート作品を生む、紙の魅力
としては、アンリ・マティスさん、トーマス・デマンドさん、エリザベッタ・ディマッジョさんを作品とともにピックアップ。

さらに、坂川栄治さんと北川一成さんの対談に
ピーター・カルセンさん、辻恵子さん、クリス・ギルモアさん、光武利将さん、呂勝中さんのペーパー・アートを紹介。

未来を変える「紙」の新たな可能性として
坂茂さん、モロ・デザイン、堀木エリ子さんのプロジェクトなどを取り上げています。

紙とくれば鉛筆。
ということか、どういうことか知りませんが、
もうひとつの特集は
“使いやすさとデザインで選ぶ こだわりの鉛筆を、一本。”

こちらも扁桃体への火に風を送るようなもの。
ジリジリあちち。

世界の鉛筆、日本の鉛筆、鉛筆削りまで。
ちなみにボクのデスク上に一番多いのはSTEADTLERでっす。

→pen
http://pen.hankyu-com.co.jp/

  • 2008-02-16 (土) 6:30
  • Books

ホーム > Books > pen No.216

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top