ホーム > Report

Report Archive

犬と飼い主の心拍数を計測したら驚きの結果が!オーストラリアのペディグリーによる実験「Hearts Aligned」

Hearts Aligned

現代では4人に1人がストレスに苦しんでいるという。
病気の原因にもなるそのストレスをやわらげる方法はないだろうか。

ペディグリーは古くから人がパートナーとしてきた動物である犬にその力があるのではないかと考えた。そしてある実験をしてみたところ・・・

続きを読む


写真展「あわせ鏡」所感

明らかに4つの光がそこには存在するのだが、それは3つを分けあった光。そしてそれがまじわり一つの空間になる。

Twitterで仲良くさせていただいている4人の写真展を観てきた。
展覧会名は「あわせ鏡」。
4人の作品は、以前からサイトなどを拝見していたので、前段階としてのイメージは持っていた。それぞれ違う4人のプロットが同じギャラリー内でどのように一つになるのか。

続きを読む


ガリ版ワークショプ レポ

ガリ版ワークショプ レポ

昨日は京都のそうげんブロカントにてガリ版ワークショップのアシスタント・・・のはずだったんですが、講師が体調不良で、急遽ボクが講師をさせていただきました。こんなおっさんで申し訳ありませんでした。

集まってくださったのは8名(+ご家族)。
8名中7名はガリ版未体験。
これは楽しさを知ってもらうにはいい機会です!
ハガキサイズの紙を使って、絵手紙にするもよし、ただ絵を描くもよし、参加者にお任せしました。

手順は、
・下絵を描く
・下絵をガリ版用謄写用紙に写す
・鉄筆でガリガリなぞる
・印刷

はじまると、みなさんさらさらと下絵を描き、ガリガリ削り、どんどん印刷されていく・・・ほぼ講師いらず!w
一人が印刷すると、ほかの参加者がサポートにまわるという分業制で、和気あいあいした雰囲気もよかったです。印刷してみないと、インクの乗り具合もわからないからちょっと不安なのですが、刷ったものが出来てくると、楽しくなってくるんですよね。

参加者の中には、銅版画をされている方、木版画をされている方もいらっしゃって、さすがに上手い!えーっと、やっぱり講師いらず!www 終わってしまうと、またやってみたくなってくるのもガリ版のおもしろさ。なんだ、簡単だ!とわかってもらえるのですね。また機会があればやってみたいと思います。他の街でも、ね。

乾かしている間、そうげんカフェさんの、ジャスミンティーとごまとジンジャーのケーキをいただき(講師にまでご用意いただいちゃった!!)自分の印刷したカードをお持ち帰りいただきました。ハガキやバースデイカードなど、どれも素敵なものができした。

この模様と、みなさんの作品はFlickrにアップしました。
個人住所が写っているところはぼかしてます。(店舗住所はそのままにしてます)

→Flickr | 20090726_Gariban_workshop
http://www.flickr.com/photos/mif-design/sets/72157621720752519/


IAMAS 2009 GRADUATE EXHIBITION

IAMAS 2009 GRADUATE EXHIBITION

日曜にIAMASの卒展に行ってきました。
先日名古屋でra66it.netの山田さんとminimum shoさんに薦めていただいていたので、これは行っとかねばー、と。

続きを読む


喫茶〇七五@ガケ書房

喫茶〇七五@ガケ書房

昨日、一昨日と、ガケ書房さん前の通称“ガケ車”で、
『京都〇七五』第二号発売記念イベント「喫茶〇七五@ガケ書房」をさせていただきました。
昨日はボクもちょこまかしてました。

コーヒー、ロシアンティー、おかし、どれもイベント終了には売り切れました。
自転車でドライブスルー並みに買ってくれた男の子や、
コロンビアでの怖いエピソードを教えてくれたおとうさんはじめ
来ていただいたみなさん、ありがとうございました。

イベントにご協力いただきましたガケ書房さん、2日間コーヒーを入れてくれてお菓子も作ってくれたlulu、おなじくお菓子を作っていただいたyugueさん、〇七五ブレンドのコーヒー豆を用意していただいたオオヤコーヒさん、ありがとうございました。

帰りに、ガケ書房で雑誌一冊と善行堂の古本を一冊購入し帰ってきました。


ガリ版ワークショップ レポ

ガリ版

先日お邪魔したガリ版ワークショップのレポ。
の、前にまずは展示してある文房具を。
昔からある文房具屋さんに眠っていたというデッドストックの文房具は、
レトロなかわいさと、今見ると斬新な大胆さがあり、
経年の味も加わりとても素敵。

ガリ版

中には今となってはとても貴重な文房具もあり、文房具フェチには目の保養w

さて、ガリ版ワークショップです。

ガリ版

7日発売『京都文具探訪』著者、trico+店主でありイラストレーターのナカムラユキさんによるお話。
参加者のみなさん、ガリ版をやったことがない人が多かったですが、
言葉として耳にしたことはあるとのこと。

ガリ版

今回のワークショップには普通のヤスリと、飾り罫やカットに使用できる美術用のヤスリもお借りしています。
美術用ヤスリの飾り罫に興味津々!

ガリ版

さぁ、刷る内容が決まったらガリガリしましょう!
少し強めに、原紙を破らないように気をつけながら・・・
その筆圧の強さは難しいようで、弱いとかすれたような仕上がりになります。
それもおもしろさだし、それもアナログの味。
今だと数分でプリントアウトやコピーできちゃうようなことを、時間をかけて手間をかけて・・・
参加された方は、おもしろさを感じていただけたでしょうかね。

※刷る工程の画像がないのは、お手伝いしていて忘れたからw

今後各地でワークショップされますので、もしかしたらまだ空きがあるかも。
ぜひぜひ!
イベント情報と予約はtrico+のHP参照。

→trico+
http://tricoplus.petit.cc/


『京都を包む紙』出版記念展レポ

『京都を包む紙』出版記念展

村松美賀子さん、井上由季子さん共著『京都を包む紙』(アノニマスタジオ刊)の発刊を記念して京都のgalleri månens kompisで行われている『京都を包む紙』出版記念展に行ってきました。
包み紙の本ということで、壁一面に掲載されている包装紙や紙袋などがぎっしりと。

『京都を包む紙』出版記念展

もう一方の壁には、本のラフや、色校正などがびっしり貼られておりました。
どれを見ても興味深く、飽きません。
この後、アノニマスタジオの丹治さんとブックデザインを手掛けられた関さんのトークショーが。
お二人の印刷への愛情をひしひしと感じ、時々ニヤリ クスリとさせられる裏話も。
途中から凸版印刷の3人も加わり、印刷全般とこの本の印刷についてわかりやすく、かつ詳しく、技術面だけではなく気持ちの部分もお話されていました。
お客さんの中にはデザイン、印刷、などに携わっていらっしゃる方も多かったようですが、「こういうしっかりした考えの方とお仕事できたら幸せだなぁ」ときっと感じられたのではないでしょうか。ボクハソウオモッタ。

『京都を包む紙』出版記念展

トークショーの後、日果さんのお菓子とお抹茶をいただき、素晴らしい時間を過ごさせていただきましたとさ。
あの時以来でお会いした美賀子さんにもいろいろ学ばせていただきましたw

・『京都を包む紙』出版記念展
Event Info:2007/10/12~22 @galleri månens kompis(KYOTO)
→galleri månens kompis 
http://www.maane-moon.com/galleri/


岩屋善光堂レポ

善光堂


先日CASA BRUTUSのエントリー中でポロっと口走った
投入堂に似た建物探訪。
ところは滋賀県米原市岩脇(「いおぎ」と読みます)。
上の画像の建物です。
岩屋善光堂と呼ばれるその建物は、崖に柱を立て建てられています。
近くで見るとこんな感じ。

善光堂

そびえています。
実は、子どもの頃の遊び場でして、
わざわざ行くのは20年振りくらいかしら。
その20数年の間に、柱の基礎がコンクリートでしっかり固定されている箇所もあったり。

善光堂

柱の組み方はそれほど凝ったものではないですねー。
とはいえ、こんな場所に建てることを思うと、大変だぁ。

善光堂

お堂の中は、畳が上げて干してありました。
12畳くらいはありそうな空間。
梁も立派です。

さて、子どもの頃はなにも考えずに、この小山に登ったり境内で遊んだりしていて、
この建物の由来を一切知らなかったので、少しお勉強。

推古天皇の時代、信濃の本多善光さんの夢に三尊が現れ「善光、善光」と呼ばれた。それが難波の堀であったので、善光さんは難波の堀へ行ってみると、三尊が沈んでいた、と。信濃に奉るため、琵琶湖を渡ってこの岩場で一休みしているとまた夢に三尊が現れ「衆生に仏法を弘通し、極楽浄土へ導くためにここに残る」と仰った。村の人にそのことを話し、ここにお堂を建てた、と。

身近なところにも知らないことは潜んでいるものですね。
子どもの頃は、こんな由緒あるお堂の下の境内で、爆竹パンパンして怒られました。ごめんなさい。


ホーム > Report

検索
Popular Entries
      None Found
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top