ホーム > アーカイブ > 2006-07

2006-07

チェコアニメ映画祭2006

ceskeanimace
size:257×182mm(規格B4 2ッ折)
color:4c/1c

9月中旬から大阪・神戸・京都の映画館で上映されるチェコアニメ一覧を掲載したチラシ。
セルアニメからパペットアニメまでいろんなアニメが上映されるようです。
キャラの可愛くなさが可愛いです。色も独特ですし。
2ッ折のチラシを広げると、アニメの画が微妙につながっていて、別々なようで一枚、一枚のようで別々なチラシになっています。「チェコアニメ映画祭2006」のタイトルが、画と同化していて、違和感なし。色もちゃんとチェコアニメ色っぽくしてあるんですねー。

KATE

kate
size:140×105mm
P:18

こちらはKaneboのKATEのカタログ。
わりと普通のカタログなんですけど、表紙折り返しが猫のシルエットに抜いてあるんです。
暗い部屋の中のひときわ輝く光で統一されています。表紙から中島美嘉(←漢字合ってるんだろうか?)さんが宝石を持っていて、キラリンと光ってますもんね。暗くて少し不気味さも漂う壁紙の部屋に、無機質なKATEのロゴが綺麗に浮いて見えます。
こういう表紙写真のライティングって気になるわぁ。絞りとかも。

La Cantatrice♪

majolicamajorca
size:148×105mm
P:20

資生堂MAJOLICA MAJORCAのカタログ。
テーマはLa Cantatrice♪ [カンタトリス:歌姫]
ステージの上の歌姫にスポットライトが当たるように、カタログも黒ベースに写真や商品が光を受けています。歌姫のお顔を引き立てるアイライナー、アイシャドウ、マスカラ、グロスがメインのようです。
表紙のマークは金の箔押しで、全ページ通して飾り罫はブロンズになっています。不思議な世界観だけど、本文は角ゴシック系で、これも変わったフォント使っていたら、見づらくなっていただろうな、と思う。

memo-31/07/2006

・「無印良品の家」 ここちよさの秘密 展覧会
Event Info:2006/07/27~08/20 @無印良品有楽町店 Aterier MUJI(TOKYO)
「強さの秘密展」に続く第2弾は「ここちよさの秘密」に迫ります。
→Aterier MUJI
http://www.mujiyurakucho.com/atelier/

・平間至×山口隆 写真詩展 「そのぬくもりに用がある」
Event Info:2006/08/01~20 @ふれあいエスプ塩竈(MIYAGI)
3月に青山ブックセンターで行われた同展をさらにパワーアップさせた展示となっています。
→ITARU JET -平間至
http://www.itarujet.com/

・「水と空のあいだ ~イイノナホ作品展」
Event Info:2006/07/31~08/27 @quatre saisons Tokio(TOKYO)
ガラス作家・イイノナホさん製作のガラスを展示・販売します。クローバー、欲しいんだよなぁ。
→quatre saisons Tokio
http://www.quatresaisons.co.jp/boutique/tokio.html

・minä perhonen 2006 A/W
白金台のminä perhonenショップでは、土曜日から今年の秋・冬モノが並び始めたようです。スワンが気になります。期せずして今日のメモで皆川明・イイノナホ夫妻のネタがかぶってしまったw
→minä perhonen
http://www.mina-perhonen.jp/

・は・こ・ぶ~「ゆうたい」ってなに??
Event Info:2006/07/29~08/31 @逓信総合博物館(TOKYO)
ゆうたい???幽体じゃないですよ。郵袋、ちゃんと一発変換もできちゃう言葉です。郵便屋さんがお手紙を運ぶ、その郵袋に焦点を当てた企画。外国の郵袋も展示されているらしい。見たいぞ!
→は・こ・ぶ~「ゆうたい」ってなに??
http://www.teipark.jp/event_yuutai.html

・視覚デザイン研究所 VDL TYPE LIBRARY Vol.12《ペタG》発売
デザインフォントです。文字の下部分がつぶれた感じのフォント。約8000字ですが、本文用じゃないので、アイキャッチとして使う分には問題ないでしょうね。同じように自分で作るなら、ピクセルデータならなんとかできそうですが、ベクターデータでゆがみをかけると、Rがずれてしまうので、見た目が崩れそうですね。True TypeとOpen Type(各Win、Macあり)になってます。
→視覚デザイン研究所
http://www.vdl.co.jp/vdl/home/

  • 2006-07-31 (月)
  • Memo

あたらしい教科書6 広告

kyoukasyo
size:200×140mm
監修:天野祐吉
発行:プチグラパブリッシング
amazonでこの本を見る

あたらしい教科書シリーズがピンポイントで攻めてきて、困る(もちろん良い意味で)。
今回は「広告」。監修は天野祐吉さん。盤石ですな。
広告の歴史や、広告のできるまで、広告を作る人、広告のかたち、の全4章構成。巻末には広告にまつわるお金と広告に触れる場所の資料もある。2章には寄藤文平さんのイラストが面白い。
ボク自身、広告に携わる人間として、もう一度勉強してみます。

あたらしい教科書シリーズ、今後も「7 外食」「8 音楽」「9 大人」「10 住まい」「11 民芸」「12 コミュニケーション」と続いていきまーす。

→プチグラパブリッシング
http://www.petit.org/

外あそび

muji_ad
size:210×148mm
P:16
color:4c

無印良キャンプ場のフリペ。
すっごい向日葵~!・・・右のアンテナなかったらよかったのに。
アプローチの違う5つのコラムで、アウトドアの世界へといざなわれます。
アウトドア料理っておいしそうですよね~。適当に作ってもおいしくなりそう。

各項のタイトル文字がインパクト強いです。
MB101かなぁ。おそらく、ね。

memo-30/07/2006

・気になる新刊
・Lマガジン 9月号
「ちょっと美術館まで」
→京阪神エルマガジン社
http://www.lmagazine.jp/

・TITLE 9月号
「こんな会社で働きたい」
ユニクロのグローバル戦略が進行中です!
  座談会:柳井 正×佐藤可士和×片山正通×中村勇吾
会社のデザイン計画傑作選
  対談:北川一成(GRAPH)×柳本浩市(Glyph.)
「面白会社」の作り方 ナビゲーター:江口宏志(ユトレヒト)
→TITLE -文藝春秋
http://www.bunshun.co.jp/mag/title/

・復刻版 大宇宙の旅
良本と聞いていたが、実際見てみると、すごく良い!ただ、値段がちと・・・
→復刻版 大宇宙の旅 -恒星社厚生閣
http://www.kouseisha.com/01_astronomy/1043_6.html

・DESIGN ASSOCIATION デザイン特講 Archives
2006年4月7日までに放送されたデザイン特講が、全てWMAファイルとして観ることができます。すぐれたリエイターの、数十分に及ぶ生の声は必見かと。
→Academy Channel -DESIGN ASSOCIATION
http://www.c-channel.co.jp/jp/academy/

・スターウィーク2006
今年も8月1日から始まります。夏の夜空を見上げてみましょう。昨日は上弦の月が、その前の日はアンタレスが綺麗でしたよ。
→スターウィーク2006
http://www.starweek.jp/

  • 2006-07-30 (日)
  • Memo

on réclame la PUB

renault_ad
size:110×160mm
P:64
color:4c

表紙の文字がストリートっぽいですね。
裏からのエンボスになっていて、文字だけ浮いています。
これ、中身は全くストリートっぽくなくて、フランス車ルノーの、過去から今までのポスターがぎっしりつまった一冊なのです。初期の頃には、サヴィニャックが手掛けたポスターなんかもあります。時代ごとに、流行があったり、車ごとのイメージがあったりして、戦略もうかがえちゃうのです。最近のものは写真を使ったものが多く、中にはメルセデスベンツがどーんと映っているポスターなんかもあります。ルノーなのに・・・。どういうことだろ???
ルノーのお店にいけば置いてあるのかなぁ?よくわかりませんw
ちょっと仕事上の関係でいただいたのです。うひひ。

ホーム > アーカイブ > 2006-07

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top