ホーム > アーカイブ > 2008-02

2008-02

Photographica Vol.10

photographica
size:278×210mm
発行:MdN
amazonでこの本を買う.

Photographica Vol.10。
藤原新也さん大特集です。

今号のテーマは旅で、
feature2ではTravel Pgotographers_旅写真家特集

feature3では旅カメラBest36
Rollei35からT2、T3、GRシリーズ、など名機がずらっと。

付録小冊子に石川直樹さんの撮りおろし写真集「極北」が付いてます。
小冊子と言えど、80ページの豪華なものよ。

→photographica MdN
http://www.mdn.co.jp/Books/photographica/

クローバーフィールド

クローバーフィールド
size:257 × 182mm
color:4c/4c

ニューヨーク突然現れた何か。
それによりニューヨークは破壊されてゆく・・・

去年に予告編が公開され、ハンディカメラでの臨場感溢れる映像と、壊されてゆくニューヨークの衝撃で話題の映画。今年の1月にアメリカでは公開され、日本でも4月5日に公開。

自由の女神の頭部が吹っ飛んでくるシーンは、予告で見たことがありました。
チラシは頭部を失った自由の女神とニューヨーク。
自由の女神がどうにかなっちゃってると、インパクトは強くなりますね。
同じように自由の女神がどうにかなる映画と言えば、猿の惑星や、デイ・アフター・トゥモローなどを思い出します。特に猿の惑星は、オチでガツンですからねぇ。
「博士、彼は何を見つけるの?」「運命だよ」
てなもんですよ。
「ちきしょー、あいつら、やっちまいやがったのか!」
なんてね。(記憶で翻訳。なので、間違ってるかもw)

アメリカでは公式サイトが
http://www.1-18-08.com/
でした。公開日に合わせてあったんですね。
日本での公式サイトは、こちら↓。
日本も公開日に合わせてきました。

→クローバーフィールド
http://www.04-05.jp/

memo-29/02/2008

・うるうるうるう日、潤う日

・100%ORANGE個展
Event Info:03/01〜31 @トムズボックス(TOKYO)
トムズボックス3月の個展は100%オレンジさんです。
→トムズボックス
http://www.tomsbox.co.jp/

・IECE OF PEACE 『レゴ』で作った世界遺産展 PART-2
Event Info:03/01~24 @名古屋パルコギャラリー(NAGOYA)
PIECE of PEACE 『レゴ』で作った世界遺産展 Part2が名古屋巡回。レゴブロックで作る世界遺産モデルの作品数をはじめ、国内外で活躍するアーティストからのピースなメッセージアート作品などコンテンツをさらに強化。
→IECE OF PEACE 『レゴ』で作った世界遺産展 PART-2
http://www.parco-art.com/......

・[おしりかじり虫]の生みの親=天才クリエイターユニット
うるまでるびの展覧会[ア・ラ・モード]

Event Info:03/01~16 @パルコファクトリー(TOKYO)
うるまさんとでるびさんの夫婦ユニットによるクリエイター、うるまでるび初の大型展。うるまでるびの全貌に迫り、さらに最新作の「うるまでるびペイン ト」を使ってあなたもうるまでるびになれる(?)かもしれない、というアニメーションソフトも本邦初公開。ウゴウゴルーガのしかともいるー!
→ うるまでるびの展覧会[ア・ラ・モード]
http://www.parco-art.com/web/factory/urumadelvi0803/

・ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展
Event Info:03/01~30 @森アーツセンターギャラリー(TOKYO)
優れた品質のみならず、ラベルが毎年異なる画家によって描かれることでも知られている“シャトー・ムートン”のワインラベルアートを紹介。1945年から現在までのヴィンテージ・ラベルの原画約70点を、貴重な写真や資料とともに一挙公開。ピカソ、シャガール、ミロのような大画家のほか、チャールズ皇太子が風景画を描いていたり。
→ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展
http://www.roppongihills.com/jp/events/macg_mouton.html

  • 2008-02-29 (金)
  • Memo

俺たちフィギュアスケーター

俺たちフィギュアスケーター
size:257 × 182mm
color:4c/4c

たとえ何が起こっても、氷の上では華麗に舞うぜっ!それが俺たちの生きる道!?

熾烈を極めるアメリカのフィギュアスケート界で、氷上のロックスター・チャズと氷上の神童・マッケルロイは、同点1位になった世界選手権の表彰台上で大乱闘を起こし、スケート界から永久追放されてしまう。

それから3年半、チャズはちびっ子向けのアイスショー、マッケルロイはスケート用品店でそれぞれ働いていた。
そんなある日、二人に一筋の光が差す。それは史上初の男子ペアを組んでの復帰だった・・・

二人以外は色調を統一させ、派手なコスチュームの二人を浮き立たせているチラシ。
おじゃまんが山田くんの手法です。

後ろの黄色ジャケット揃いの審査員、大会のマーク、氷、二人との温度差が端的ですね。
この青いコスチューム、右手が頭のクジャクです。
いいなぁ、かわいいなぁ(鳥ならなんでもいいのか!w)

→俺たちフィギュアスケーター
http://oretachi.gyao.jp/

こくばん.in

こくばん.in

黒板に落書きができます。
いや、別に落書きでなくてもいいんですが。

チョークで書いて、間違ったら黒板消しで消します。
うまく消えてくれないところ、黒板ディティールに忠実です。
リプレイで、書いたプロセスを見ることもできます。
落書きが終わったら公開することも。
さらに、誰かと同時に落書きすることもできます。

公開されている作品がすごすぎます。
黒板に字を書くことが苦手だったので、まさかねと思っていたのですが、
やはり、バーチャルな黒板でも苦手でしたw

(↑WEBなので、画像をクリックで落書き!)

  • 2008-02-28 (木)
  • Web

山陽・九州新幹線直通用車両

山陽・九州新幹線直通用車両

今年の秋に完成予定の、山陽新幹線と九州新幹線との相互直通運転用車両。
JR西日本とJR九州の共同開発で、JR西日本が製作。

車両は最新かつ高い信頼性を有したN700系車両をベースに8両化。
九州新幹線区間の急勾配(35‰)に対応するため全電動車化。
最高速度300km/h(山陽新幹線管内)
N700系の上質さ、700系レールスター・800系のくつろぎ感を取り入れた車内設備。

エクステリアデザインのデザインコンセプトは、日本の伝統文化が色濃く残る関西圏と九州圏を結ぶ新しい新幹線として、日本の美しさ、力強さ、りりしさを表す“凛”をキーワードとして日本的なもてなしの心地よさを表現

ボディーカラーには、伝統的な陶磁器の青磁を思わせる『白藍(しらあい)』色を使用することで、洗練された美しさを表現。
側面ラインに、ボディーカラーとの対比により引き締まったイメージとなる『濃藍(こいあい)』色を使用することで、美しさの中にも力強さとスピード感を表現。漆器の蒔絵に使われる『金』色のラインを重ねることにより、品格とプレミアム感を演出。

ロゴマークは、相互協力し合い乗り入れを実現するJR西日本とJR九州の両社の関係を、手を携えて交わるような曲線で表現。営業開始に向けては、別途親しみのあるロゴマークを検討とのこと。

秋に完成したら、各種試験実施らしいので、実際に運用運行されるのは来年以降でしょうか。
鉄ちゃんじゃないけど、デザインコンセプトとか色の話が付随していたので、エントリー。

→JR西日本 ニュース
http://www.westjr.co.jp/news/......

memo-28/02/2008

・佐野研二郎 ギンザ・サローネ・オーサカ
Event Info:02/29〜04/12 @dddギャラリー(OSAKA)
佐野研二郎さん展が9月にギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)からの巡回。gggで発表されたグラフィックからプロダクトまで様々なかたちのコミュニケーションを提案する新作のオリジナルグッズにより、独自のデザイン論を検証。
→dddギャラリー
http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/

・マッダレーナ・シストの世界
- イラストで綴るイタリアンデザイン、ファッション、トレンドの変遷 -

Event Info:02/29〜05/25 @Shiodometalia(TOKYO)
イタリアンヴォーグやエル・デコなどの誌上で活躍した国際的に著名なイラストレーター、マッダレーナ・シストが制作した数千点におよぶ作品の中から、ファッションとデザイン等を題材としたオリジナルの水彩画が約100点ほか、オブジェや彫刻、写真などを展示。
→Shiodometalia
http://www.shiodomeitalia.com/

・椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」
Event Info:02/29~03/26 @FUJIFILM SQUAREギャラリーPHOTO IS(TOKYO)
椎名誠さんが取材をされた全国24の祭から、とくに『オモシロ可笑しく』て、『奇妙奇天烈』、『摩訶不思議』な“ありゃまあ”写真を厳選し、展示。
→ 椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」
http://fujifilmsquare.jp/detail/080229.html

・ handmade clothes"hirune"
Event Info:02/29~03/05 @Gallery mizuca(KYOTO)
イラストレーター小枝ゆかさんにより丁寧に仕上げられた、ウールのワンピースやジャケット、麻や綿のワンピースなど1点づつ。
→Gallery mizuca
http://www.mizuca.com/gallery/

・1-click Award 結果発表
8日に決定していた今年の1-click Award。その結果が、先週アップされていたみたいです。あいかわらずアンテナ感度低いな、ボク。ということで、メモ。今日のお仕事中に受賞作品で遊んだりしないよーにネw
→1-click Award 結果発表
http://www.1-click.jp/c3.html

  • 2008-02-28 (木)
  • Memo

TITLe APR.2008

TITLe
size:297 × 230mm
発行:文藝春秋
amazonでこの本を買う

街はまるごと美術館!?
アートで旅するパリの休日。

私のパリの一枚には、横尾忠則さん、鹿島茂さん、山田五郎さんのお三方。
私のパリの一点には都築響一さん。

特別講座には布施英利さんと清川あさみさんが「ルーブル美術館を読み解く3つの鍵」を。
また、菊池成孔さんと野宮真貴さんの対談、オドレイ・トトゥさんへのインタビュー、
パリの路地裏グラフィティーアート、アートホテル案内、注目ギャラリーから書店めぐりまで、
パリに恋する一冊。
パリのアートスポットマップ付き。
使える日が早くくればいいのに・・・あー、旅行したい!w

→TITLe
http://www.bunshun.co.jp/mag/title/

ホーム > アーカイブ > 2008-02

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top