ホーム > アーカイブ > 2007-06-25

2007-06-25

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

funuke
size:257 × 182mm
color:4c/4c

あたしは特別。絶対に人とは違う。

やっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。

両親の訃報で東京から田舎に戻ってきた澄伽。
女優を目指して上京していたが、実は超ゴーマンな勘違いさん。
そのため女優活動も頭打ち。
妹・清深はかつて姉の秘密を暴露し、描いたホラー漫画が全国誌に掲載されてしまったことがあり、帰ってきた姉にいびられ復讐される。兄は姉妹の間で板挟み、兄嫁はお人好しでみんなに疎まれながら夫に従う。
澄伽が帰ってきたことで均衡が崩れた和合家だが、まだ事件は起こる・・・

日本家屋でスイカを前に目を合わせない4人のチラシ。
コピーやクレジットが梁や敷居などに沿わせてあるのが面白い。
故に、その部分が奥に入り、タイトルが妹の位置くらいまで浮いてくる。
欄間が立派ね。

→腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
http://www.funuke.com/

GoldenHalf

goldenhalf

HOLGAやPOLGA、BABYLON4などトイカメラを発売しているスーパーヘッズから、
ハーフカメラ「GoldenHalf」が発売されるそうです。
スペックとしては、22mm f8,11レンズ、シャッタ-スピード:1/100、
ホットシュー付きで5,040円。
もちろんフィルムカメラ。

ハーフサイズカメラとは、通常のフィルムを使ったカメラで通常の撮影枚数の2倍写真が撮れるカメラ。
これができるのは、フィルムの縦横を90度変えるフォーマットにしているから。
撮影枚数は増えるが、フィルムに記録される1枚当たりの面積は小さくなるため、
引き伸ばしには向かないというデメリットもあるが、普通にL版や2L版くらいの大きさにするのならまず問題ない。
1950年代からのオリンパスペンシリーズや、その後のキヤノンダイヤル35やリコーオートハーフの頃がハーフ全盛期かな。

シャッタースピード固定みたいだし、価格も価格なので、あくまでトイカメラとして楽しむ分にはいいかもね。
しかしスーパーヘッズ(の株式会社パワーショベル)はAGFA PHOTOブランドでオリジナルパッケージのフィルム出すそうだし、すごいね。

→SUPERHEADZ(現在GoldenHalfの紹介はなさそう)
http://www.superheadz.com/

memo-25/06/2007

・安齋肇個展 「キャラキャララー」
Event Info:2007/06/26~07/16 @ラップネットシップ(TOKYO) 
恒例の安齋肇さん個展。空耳アワーでもお馴染みの安齋肇さんが生み出したキャラクターがいっぱい。
→ラップネット
http://www.lapnet.jp/

・須田悦弘個展
Event Info:2007/06/26~07/28 @ギャラリー小柳(TOKYO) 
精密に作られた須田悦弘さんの植物の木彫展。
→ギャラリー小柳
http://www.gallerykoyanagi.com/

・「特殊と普遍」DT DESIGN AWARDS 2006 入選作品展
Event Info:2007/06/26~07/28 @GALLERY le bain(TOKYO) 
デザイントープ+物学リサーチプログラムによるデザインコンペティション[DT DESIGN AWARDS 2006]。グランプリ作品の公開審査会も行われる。
→GALLERY le bain
http://www.le-bain.com/gallery/lebain/

・サルビア×ガスアズインターフェイス コラボレイングッズ
サルビアとガスアズインターフェイスのコラボレーションで、レインコートとレインバッグが発売されていました。
→サルビア通信販売
http://www.salvia.jp/tuushin.php?proc=0&ca_id=53

  • 2007-06-25 (月)
  • Memo

ホーム > アーカイブ > 2007-06-25

検索
Popular Entries
      None Found
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top