ホーム > アーカイブ > 2005-11-30

2005-11-30

アムステルダム国立美術館展

amsterdam

amsterdam
size:297×210mm
color:4c/4c
Event Info:2005/10/25 - 2006/01/15 @兵庫県立美術館 

この秋、フェルメールからの恋文(ラブレター)

オランダ絵画の黄金時代
アムステルダム国立美術館展

アムステルダム国立美術館の改修に伴う世界巡回の展覧会。日本では神戸のみの開催だそうです。日本初上陸の作品もかなりあるようで、オランダだけにフェルメールやレンブラントが目玉です。フェルメールは「恋文」、レンブラントは「青年期の自画像」「修道士に扮する息子ティトゥス」など。観たいなぁ。工芸作品合わせて全部で90点というとこが気になりますが・・・。
フェルメール、ウィーンの美術館で一度お目にかかったことあるのですが、ため息つくほど綺麗でした。「フェルメールの時代展」は行かなかった。レンブラントは数年前に「大レンブラント展」していたのに行けず。一度生でライティングを確かめたいなぁ、と思いつつ。
この告知チラシで群を抜いて心を鷲づかみにしたもの、それはフェルメールやレンブラントじゃなく、ヘリット・ヤーコブセンの「賭け用コップ」。おそらく銀製の鈴型のコップに、ヤジロベエみたく鳥が2羽飛んでいます。素敵だぁ!・・・いつも鳥には目がないだけです。

知識もないので、絵のことなんてなにもわからないけど、いろんなものを観たいものです。

ホーム > アーカイブ > 2005-11-30

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top