ホーム > アーカイブ > 2007-09

2007-09

エンジェル

エンジェル
size:257 × 182mm
color:4c/4c

わたしが書いた甘い人生に、運命がしかけたビターな罠

20世紀初頭のイギリスで幼い頃から上流階級の生活に強い憧れを抱き、近くにあるお屋敷“パラダイス”に済むことを夢見ている少女エンジェル・デヴェレル。その憧れを小説として書きつづり、16歳にして作家デビューを果たし憧れの人生を手に入れたエンジェル。夢を実現したエンジェルだったが、やがて驚愕の事実を知ることとなる・・・

年末公開予定の映画。
監督は『8人の女たち』のフランソワ・オゾンさん。

ウルトラライトな軽さのタイトルロゴは、ちゃんとバックを暗めにしてあるので活きている。室内の画像がそのままタイトルバックに流れていたら死んでいただろうね。

→エンジェル
http://www.angel-movie.jp/

こどもごころ製作所

こどもごころ製作所

博報堂の企業内大学「HAKUHODO UNIV.(通称:博報堂大学)」の「構想ラボ」第一号として活動している「こどもごころ製作所」のサイト。

「こどもごころ製作所」は、日本人が本来持っていた豊かな感性を「こどもごころ」という新しい価値軸として設定し、現代日本人が失いつつある「こどもごころ」をあらためて取り戻すための様々な施策を通じて、生活者の気持ちの持ち方を変え、現代社会のゆがみも少しずつ解消しようという試み

だそうで、くらやみ食堂なんてイベントもされています。

活動内容としては、
-Webサイトでの情報発信
-実体験型イベント・ワークショップの実施・運営
-書籍出版・映像出版
-その他様々な団体・企業・地方自治体とのコラボレーション事業
とのことです。

サイトでは、リレートークにOpenSkyの八谷和彦さんが登場。
今後リレーされていくことでしょう。

(↑WEBなので、画像クリックでこどもに戻れ!)

  • 2007-09-30 (日)
  • Web

memo-30/09/2007

・コーヒー祭5
Event Info:2007/09/29、30 @trico+(KYOTO)
本日もやってます、コーヒー祭。18時からのイベントも楽しみですが、それまでは予約なくてもコーヒー飲めますので、よかったらどうぞ。ボクが主催者ではありませんがw それまでに済ませておかないといけないことがあるので、さっさと京都方面に向かいます。頭の中のBGMが朝からなぜか男たちのメロディー(ワックワックリズムバンドの山下君バージョン)なので、歌いながらドライブすることにしますw
→trico+
http://tricoplus.petit.cc/

・フィンランドカフェ
Event Info:2007/10/01~11/03 @Finland Cafe(TOKYO)
明日からは自由が丘でフィンランドカフェ。ワークショップやジャズライブなどのイベントも多数用意されています。
→フィンランドカフェ
http://www.finlandcafe.com/

・中島信也CM展「絵コンテ原画展」
Event Info:2007/10/01~26 @クリエイションギャラリーG8(TOKYO)
日清食品カップヌードル「hungry?」、サントリー「DAKARA」、「伊右衛門」、資生堂企業広告など、数々のヒットCMの演出をてがけてこられたCMディレクター中島信也さんの絵コンテ原画を展示。
→クリエイションギャラリーG8
http://rcc.recruit.co.jp/g8/

・BOOKUOKA
Event Info:2007/10/01~31 @福岡市内(FUKUOKA)
今年も福岡が本のイベント・ブックオカで盛り上がってます。有山達也 装幀、雑誌のしごと展や、南陀楼綾繁さんのトークショー、一箱古本市などイベントもりもり。
→BOOKUOKA
http://www.bookuoka.com/

・[TINGEL GRIMM]展
Event Info:2007/10/01~06 @Pinpoint Gallery(TOKYO)
グリムをテーマに展覧会。参加アーティストは、宇野亜喜良さん、串田和美さん、明緒さん、東逸子さん、荒井良二さん、飯野和好さん、井上洋介さん、大畑いくのさん、北見隆さん、北見葉胡さん、こみねゆらさん、ささめやゆきさん、七戸優さん、スズキコージさん、瀬戸照さん、建石修志さん、野村直子さん、樋上公実子さん、和田誠さん。
→Pinpoint Gallery
http://www.pinpointgallery.com/

  • 2007-09-30 (日)
  • Memo

planted #5

planted
size:297 × 235mm
発行:毎日新聞社
amazonでこの本を見る

いとうせいこうさんが編集長の植物系雑誌、『planted』。
ハッピー フラワー

ラブ&ピースな60'sフィーリング!
巻頭から内田裕也さん、南正人さん、横尾忠則さんが登場。
濃い。

今回のFLOWER GIRLは多部未華子さん。
ペチュニアとの共演。
多部さんは存じませんが、ペチュニアは存じております。
付録にペチュニアの種付き。

今が旬のキノコ大特集もあったり。
表紙にも写っている麻がクローズアップされていたり。

ADはsoup design inc.の尾原史和さん。

そろそろ秋植えの時期ですね。
例えばチューリップなどの球根とかね~
秋にして春を想う・・・素敵

→PLANTED WEB
http://www.planted.jp/

大人の科学 Vol.17

otonanokagaku
発行:Gakken
amazonでこの本を見る

大人の科学Vol.17、発売楽しみにしていた方も多いのでは?
だってテルミン特集、付録もテルミンminiですもの。

ロシアのテルミン博士が生み出した、最古で最初の電子楽器テルミン。
楽器に触らずに演奏するってところがまた面白。

本誌では「日本のテルミン奏者といえば」な、竹内正実さんが矢野顕子さんにレクチャー。矢野さん、初めてテルミンを奏でる。
さらに、「ふろくであそびました」には、名盤“69/96”でテルミンを取り入れていた小山田圭吾さんが、付録のテルミンで荒城の月を演奏されてます。ボクがちゃんとテルミンを聴いたのがコーネリアスのライブだったので、この人選、嬉しいですねー。

改造すると小型ギターアンプなどにも出力できるようですよ。

→大人の科学
http://otonanokagaku.net/

memo-29/09/2007

・コーヒー祭5
Event Info:2007/09/29、30 @trico+(KYOTO)
本日からコーヒー祭です。以前のエントリーで詳しく書いてます。本日のイベント、あと1~2名の空きがあるみたいです(いまのところ)。18:00までは予約なくても大丈夫!ボクは明日にでも顔を出そうかと。
→trico+
http://tricoplus.petit.cc/

・蜷川実花写真展 girl's holiday
Event Info:2007/09/13~10/08 @静岡パルコ(SHIZUOKA)
蜷川実花さんの写真集『girl's holiday』の写真展が静岡に巡回してました。
→蜷川実花写真展 girl's holiday
http://www.parco-shizuoka.com/web/07girlsholiday/

・ITOYA × QUOVADIS 2008年限定ダイアリー
伊東屋とQUOVADISがコラボした限定の2008年ダイアリーが発売されました。落ち着いた色合いの4色と、ストライプは「8」のワンポイントがついたカジュアルなもの。
→伊東屋 商品情報
http://www.ito-ya.co.jp/communication/goods.html

・THE CRACKER × TRUCK のワークウエア
TRUCKがイメージするTRUCKのワークウエアが発売されています。TRUCKで愛用されてきたというウェアブランドTHE CRACKERによるものです。
→TRUCK NEWS
http://www.truck-furniture.co.jp/news/

・KPOキリンプラザ大阪
映画『ブラックレイン』にも登場したことがあり、建築家・高松伸さん設計による日本建築学会賞やメセナ賞も受賞しているビル、キリンプラザ大阪が、来月いっぱいで閉館・解体されるんですね。知らんかった。20年で解体とは、うーむ。来月の閉館までKPOキリンプラザ大阪の20年展をやっています。
→KPOキリンプラザ大阪
http://www.kirin.co.jp/active/art/kpo/

  • 2007-09-29 (土)
  • Memo

+DESIGNING 07

+designing
発行:毎日コミュニケーションズ
amazonでこの本を見る

今号の特集は「もっと文字を知る、文字を使う。」

ところで、表紙にでっかく[創刊号]と書いてありますね。
なんと、ムックから雑誌になったんだそうです。

巻頭対談.は、秋田寛さんと服部一成さん。

文字を知る.
文字を使う.
文字で伝える
文字を組む.
など、カテゴリー分けして文字を深く追求。

秀英体見本帖が綴じ込みに。

鈴木功さん、片岡朗さん、藤田重信さん、小塚昌彦さん、中村征宏さんによる文字を作る人のコラムも見逃せません。

→+DESIGNING
http://www.plus-designing.jp/

デザインの現場 vol.27 no.155

dezagen
size:257×182mm
発行:美術出版社
amazonでこの本を見る

特集は、“空間を彩るサイン&グラフィック”
廣村正彰さんと、横須賀美術館。
佐藤卓さんとELLTOB TEP。
葛西薫さんと虎ノ門タワーズ。
他にも空間をデザインするあれやこれや。
サインデザインの基本から、色、照明について。

これ、誰がデザインしたの?では
サントリー烏龍茶を取り上げています。

今号に挟み込んである竹尾の紙はファーストヴィンテージ。
今年の竹尾ペーパーショウでも使用されていた風合いのある紙です。

これとは別に、
デザイナーのための紙サンプルシリーズが始まっています。
1回目の今回は、北越製紙のマットカラーHG

→デザインの現場
http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/

ホーム > アーカイブ > 2007-09

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top