ホーム > Books > 全12巻!太陽系を1ページ100万キロの縮尺で表現したほぼ真っ黒の本「Astronomical」

全12巻!太陽系を1ページ100万キロの縮尺で表現したほぼ真っ黒の本「Astronomical」

Astronomical

太陽系を表した本ならいくらでもありますが、1ページ100万キロという縮尺で表現した本は初めて見ました。制作したのはMishka Hennerさん。どんな本か見てみましょう。

上の画像は太陽です。直径140万キロなので、1ページでは収まり切りません。

Astronomical
そこからずーっと真っ黒なページが続きます。155ページまで進むと地球が見えてきます。・・・ちっさ!

Astronomical
木星は2巻の283ページにやっと登場。

Astronomical
この縮尺だと太陽系をおさめるのに12巻も必要なんですね・・・!


映像でもほとんど黒い本!w

各星が登場するのは次のとおり。
太陽 1巻 1ページ
水星 1巻 63ページ
金星 1巻 113ページ
地球 1巻 155ページ
火星 1巻 233ページ
小惑星帯 1巻 309ページ
木星 2巻 283ページ
土星 3巻 433ページ
天王星 6巻 383ページ
海王星 10巻 53ページ
冥王星 12巻 503ページ

えっと、途中の抜けている巻は、つまり、真っ黒!w

→Mishka Henner
http://www.mishkahenner.com/

  • 2012-01-27 (金) 7:32
  • Books

ホーム > Books > 全12巻!太陽系を1ページ100万キロの縮尺で表現したほぼ真っ黒の本「Astronomical」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top