ホーム > Web > 被災地に本を!仮設住宅地域を巡回する凸版の移動図書館「ブックワゴン」7月11日スタート

被災地に本を!仮設住宅地域を巡回する凸版の移動図書館「ブックワゴン」7月11日スタート

ブックワゴン

トッパングループは、東日本大震災の被災地仮設住宅地域を巡回する移動図書館「ブックワゴン」を7月11日よりスタートと発表しました。

「ブックワゴン」は、「自分の仕事に関連することで被災者の方を元気づけられないか」、「本に触れていただくことで『心のケア』の一助になれば」といった社員のおもいから企画された取り組みです。今回、「ブックワゴン」に参加する社員を社内で公募し、社員が図書の貸し出し業務などブックワゴンのスタッフとして活動します。

社内公募のスタッフというのは大事なことですね。
気持ちだけで、やっていることと会社が乖離してしまってはいけない。

貸し出し図書は、文学、科学、技術、ビジネス関連の専門書から、現地でニーズがある実用書や芸術、エンターテインメント、児童書、絵本に至る幅広いジャンルの図書を積載する予定です。これに向けて、凸版印刷の全国の事業所で、社員が自分のおもいを込めて推薦する図書の募集を開始しました。
 さらに継続的な支援活動として、利用者の方の意見を取り入れながら、ブックワゴンと一緒に提供が可能な参加型のワークショップなどのサービスやイベントを運営・拡充していきます。

ちょうど夏休みにもかかってくるかと思うので、子どもたちの心のケアがはかられればと思います。サイトは7月1日に本オープン予定で、具体的な巡回地などはそれ以降に発表されるそうです(主に宮城県の仮設住宅地域だそうです)。

→ブックワゴン
http://bookwagon.jp/

  • 2011-06-10 (金) 8:15
  • Web

    ◇関連するエントリー

      None Found

ホーム > Web > 被災地に本を!仮設住宅地域を巡回する凸版の移動図書館「ブックワゴン」7月11日スタート

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top