ホーム > タグ > キッチン

キッチン

暮らしのアイデア帖 キッチン編

暮らしのアイデア帖 キッチン編
著者;柳沢小実
発行:PIE BOOKS
amazonでこの本を買う

料理が好きだからか、料理道具や食材などを見ているだけで楽しい。
どうなのかな、逆で料理道具や食材が好きだから、料理するのが楽しいのか。
どっちも、かな。

この本にはいろんな道具や、キッチンまわりでのアイデア、ちょっとした提案がまとめられています。キッチンの広い内容の幅をまんべんなく。
見ていて、読んでいて、こんな食器いいなぁとか、この道具よさげだな、などと思う。
あぁ、こう書いてあるけど、うちの生活に合うようにするにはちょっと工夫して・・・などと考える。そしてまた料理が楽しくなる。

如何せん、ボクの場合田舎の生活なもので、今年はコレ(食材)を使ってアレを作りたい!などと思うと、実家の小さな畑で種から育てようとしてしまうので、それはそれで大変だったりします。ま、それも好きで楽しんでしまっているのですが、ね。

→ふらりふらり帖 -柳沢小実HP
http://www.furarifurari.com/
→PIE BOOKS
http://www.piebooks.com/

テーブルウェアフェスティバル2006-白山陶器DM

hakusan
size:100×148mm
color:4c/2c
Event Info:2006/02/04~12 @東京ドーム

テーブルウェアフェスティバル2006-暮らしを彩る器展-に先立ち、出展される白山陶器からDMが届いていました。白山陶器のブースでは、新製品を中心にした展示があるみたいで、近かったなら、休みがあったなら、行きたかったのに、と悔やむのでありました。
それと、このDMに、新作パンフレット「HAKUSAN NEW2006」ができます!との記載がっ!会場で配布されるらしい・・・。ほすぃ。

あと、このDMがどこで印刷されたのか察しがつきました。ヒントはAMスクリーンとナンバリング。ふむふむ。にゃぁるほど。←こゆ推理好き

SUNAO

sunao

sunao
size:182×87mm
color:4c/4c

カトラリーが欲しいです。
あ、今々始まった衝動じゃなくて、ずっと欲しいんです。
使いやすくて、綺麗で、そんなものが欲しいです。
このパンフは、grafデザインで、金属食器の本場・新潟燕市の燕振興工業株式会社製作のSUNAOシリーズです。「使いこなされた道具は、皮膚が乗り移ったかのように、感触を伝えることがある。」とのコピーのように、しっとり手になじむカトラリーです。うん、綺麗。
だけど、パスかなぁ。
なんとなくではあるのですが、持ち手が木で出来ていて、使っているうちに持ち手が深い色になっていくようなモノが欲しいんですよね。それでいて、一目惚れしちゃうようなヤツを。わがままでしょうか?なかなかないのですよねぇ・・・。

HAKUSAN VOL24

hakusan

hakusan
size:297×210mm
color:4c
p96 無線綴じ

テーブルの上にさりげなく乗っていると素敵。白山陶器。
白磁と白磁を立たせる色つけ、機能美を備えた斬新なフォルム、美しい陶器の数々です。
日常使いにもぴったりで(本来、モノは使ってこそと思っています)、種類も豊富。
そんな白山陶器のカタログです。
有料ではありますが、すごい質がいいです。
白山のコンセプトを詰め込んだといった感じをうけます。
あとは、カタログ+αの部分があってもよかったかな、と。

白山に大変ゆかりが深く、先日他界された森正洋氏の追悼を兼ねたエントリーでした。

ホーム > タグ > キッチン

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top