ホーム > Video > 全身に差別用語のタトゥーをして街に現れた男「The Human Billboard - 24th of April 2017#Jeffaceleracisme」

全身に差別用語のタトゥーをして街に現れた男「The Human Billboard - 24th of April 2017#Jeffaceleracisme」

The Human Billboard - 24th of April 2017#Jeffaceleracisme

パリに上半身裸の男が現れた。
みんな彼の方をいぶかしげに見ている。
彼が半裸だからというだけではない。彼の体のタトゥーにその秘密はあった。

彼が体に施したタトゥー、それは全て差別用語だった。特定人種を揶揄するような言葉や絵が上半身にびっしりと。

彼はなぜこんな姿になって街に現れたのか。
それはフランスの大統領選挙と関係がある。

彼が現れたのは4月24日。前日の23日にフランス大統領選挙の第1回投票が行われている。もしも第2回投票で極右政党の候補が勝って大統領になってしまえば、少なくなっていた人種差別がまた多くなってしまうかもしれない。それを牽制するのが狙いだ。

彼の行動がどの程度の効果を生んだかは謎だが、極右政党の候補者は敗れた。

ところで彼のタトゥーは本物?じゃないよ、ね?

→Jeffaceleracisme
http://www.jeffaceleracisme.fr/


  • 2017-05-19 (金) 8:26
  • Video

ホーム > Video > 全身に差別用語のタトゥーをして街に現れた男「The Human Billboard - 24th of April 2017#Jeffaceleracisme」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top