ホーム > Web > オトル・アイヒャーが手がけたミュンヘンオリンピックのVIマニュアルやグッズを一冊にするプロジェクト「München 1972 | Collected」

オトル・アイヒャーが手がけたミュンヘンオリンピックのVIマニュアルやグッズを一冊にするプロジェクト「München 1972 | Collected」

München 1972 | Collected

グラフィックデザインをかじっている人なら知らない人はいない、ドイツのグラフィックデザイナー オトル・アイヒャー(Otl Aicher)。ルフトハンザ航空のロゴや、書体Rotisを作った人物としても知られていますが、それより有名なのは1972年のミュンヘンオリンピックのVIかもしれません。

1972年に当時西ドイツで行われた第20回夏期オリンピック。
残念ながらイスラエルの11人の選手が殺害されるミュンヘンオリンピック事件が起きた悲しい大会ではありますが、一方でデザイン分野では数多くのオリンピック大会の中でも群を抜いて際立っていました。それを牽引していたのがオトル・アイヒャーです。

ピクトグラムやチケットやパンフレット、グッズ、ポスターから、今でも人気のマスコットキャラクター「Waldi(ワルディ)」やVIマニュアルまでしっかり作り込まれ、デザイン的に隙の無いきっちり統一されたオリンピックとなりました。

そのVIマニュアルや制作物など400アイテムを収録して1冊のハードカバーにしようというのが、今回紹介するプロジェクト。Kickstarterで資金が集められており、目標に達すれば10月の発行を目指している。

ミュンヘンオリンピックのデザインやグッズといえば、Otl Aicher 1972 Munich Olympicsというサイトが有名なんですが、今回のKickstarterはこのサイトの中の人によるプロジェクトなんだとか。それは楽しみです。

日本からだと送料でほぼ本の倍ほどかかってしまうのですが、なんとか応援したいところ。

→München 1972 | Collected on Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/487595897/munchen-1972-collected
→Otl Aicher 1972 Munich Olympics
http://www.1972municholympics.co.uk/


  • 2017-04-19 (水) 7:50
  • Web

ホーム > Web > オトル・アイヒャーが手がけたミュンヘンオリンピックのVIマニュアルやグッズを一冊にするプロジェクト「München 1972 | Collected」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top