ホーム > Video > 雨を表す言葉をデジタルとアナログ手法を駆使して浴衣にした「雨をまとう浴衣 KIMONO WEARING THE RAIN」

雨を表す言葉をデジタルとアナログ手法を駆使して浴衣にした「雨をまとう浴衣 KIMONO WEARING THE RAIN」

雨をまとう浴衣 KIMONO WEARING THE RAIN

高島屋さんのNEXT YUKATA CREATIONとTBWA\HAKUHODOが、雨をテーマにした浴衣を制作しています。

雨を表す日本語は、たくさんあります。
同じ雨でも降り方や降る時間によって言葉を変えているからです。

そんな繊細な日本語の雨を浴衣にするために、デジタルとアナログの技術が駆使された。選ばれた3つの雨、「霧雨」、「篠突く雨」、「村雨」を想起させる抽象的なグラフィックを制作しアクリル板にレーザーで刻む。できた溝に水滴を落としていく。それを写真に撮り、浴衣にプリントする。

同じ一滴でも落とし方、その水分量、反射が微妙に異なってくるので、模様に繊細な変化が生まれる。実際に見たら少し立体的にも見えるのだろうか。


  • 2016-09-19 (月) 13:02
  • Video

ホーム > Video > 雨を表す言葉をデジタルとアナログ手法を駆使して浴衣にした「雨をまとう浴衣 KIMONO WEARING THE RAIN」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top