ホーム > TV・CM > 見つめすぎるとマリリン・モンローじゃなくなる、スニッカーズのデジタルサイネージ「SNICKERS® – America’s Not-So-Sweetheart」

見つめすぎるとマリリン・モンローじゃなくなる、スニッカーズのデジタルサイネージ「SNICKERS® – America’s Not-So-Sweetheart」

SNICKERS® – America’s Not-So-Sweetheart

マリリン・モンローの代表作「七年目の浮気」の中に、地下鉄からの風にスカートがめくれそうになる有名なシーンがある。
あのシーンが街角のデジタルサイネージに映し出されている。常に風に揺れるスカートを押さえる笑顔のマリリン・モンロー。しかし、いくら彼女が魅力的だからって、見つめすぎてはいけません。

見つめすぎると・・・急に顔がオッサンになって怒り始めます(顔認識技術を使っている)。マリリン・モンローもお腹が減ると別人になってしまうのですね。

で、このオッサンは誰かと言うと、今年のスーパーボウルのCMで腹減った時のマリリン・モンローを演じたウィリアム・デフォー。

▲スーパーボウル時のCM。

2016年6月1日はマリリン・モンローが生きていれば90才の誕生日でした。そんな節目の年だからマリリンのネタをたくさん使っているのかな。
ちなみにデジタルサイネージの横に描かれた「you're not you when you're hungry」はスニッカーズのコピーですが、波打つようなタイポグラフィーは「七年目の浮気」のタイトルっぽくしているんですね。


ホーム > TV・CM > 見つめすぎるとマリリン・モンローじゃなくなる、スニッカーズのデジタルサイネージ「SNICKERS® – America’s Not-So-Sweetheart」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top