ホーム > Video > なぜ泣くの?雨の日に涙を流すビルボード広告「BMW CryingBillboard」

なぜ泣くの?雨の日に涙を流すビルボード広告「BMW CryingBillboard」

BMW CryingBillboard

BMWがドイツのバス停に設置した広告は天気によって表情を変える。
晴れの日は普通の表情の男性の顔なのに、雨の日になったらこの男性が泣くのだ。

この「泣く」というのが良くできていて、本当に涙を流すのです。
仕組みは単純、バス停シェルターの雨どいから水を引き込み、男性の目から出てくるようにしてある。仕組みは単純ですが、これで何を訴えようとしているのか。

ヒントは右上にある「BMW Cabriolet」の文字。
カブリオレ、つまりオープンカーの広告なのですね。
オープンカーは雨の日は・・・オープンにできませんよね(するのは勝手だけどw)。
だから男性が泣いていたのです。

晴れの日にはあまり見てもらえない可能性があるので、雨の多い場所や季節が好ましいかもしれない。しかし、雨が多い場所や季節だとそもそも「雨が多いしカブリオレなんていらねーよ」と思われがち。そのあたりのバランスが難しそうだ。実施された街とその季節について知りたいところ。


  • 2016-05-30 (月) 8:03
  • Video

ホーム > Video > なぜ泣くの?雨の日に涙を流すビルボード広告「BMW CryingBillboard」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top