ホーム > Video > 一人1マス。80人が座らないとチャンピオンズリーグが見られないパブリックビューイング「Heineken | The Jigsaw」

一人1マス。80人が座らないとチャンピオンズリーグが見られないパブリックビューイング「Heineken | The Jigsaw」

Heineken | The Jigsaw

レアル・マドリードの優勝で終わったUEFAチャンピオンズリーグ2015-16ですが、大会中にハイネケンがおもしろいパブリックビューイングを行っていました。

行われたのはブルガリアの首都ソフィア。
パブリックビューイングの大型ビジョン前には座席が80。
一人の男性が席に座ると、大型ビジョンの中に一箇所だけ中継映像が流れ始めた。男性が座席を替えると中継映像が流れる箇所も変わる。男性は考えた。そして、電話で友だちを呼んだ。
男性の思った通り、やってきた友だちと一緒に席に座ると、その分映る箇所も増えていく。しかし大型ビジョン全てで中継を観ようとするとまだまだ人が足りない。座席は全部で80もある。

いよいよ試合が始まる頃、ようやく全ての座席が埋まった。つまり、大型ビジョンに映像が映らない場所がなくなった。

1955年から始まったチャンピオンズリーグ(当初はチャンピオン・クラブズ・カップ)ですが、今は昔ほどみんなで試合を観戦することがなく、70%の人は一人で中継を観ているんだそうだ。ハイネケンはこのパブリックビューイングを通して、友だちや知人たちと楽しむサッカーの楽しさを再認識してもらったのですね。


  • 2016-05-29 (日) 12:50
  • Video

ホーム > Video > 一人1マス。80人が座らないとチャンピオンズリーグが見られないパブリックビューイング「Heineken | The Jigsaw」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top