ホーム > Video > 機内で赤ちゃんが泣き出したら全ての乗客が喜んだ!JetBlueによる母の日キャンペーン「FlyBabies」

機内で赤ちゃんが泣き出したら全ての乗客が喜んだ!JetBlueによる母の日キャンペーン「FlyBabies」

FlyBabies

赤ちゃん連れの飛行機はお母さんたちにとってはとってもストレス。
機内で子どもが泣き出したらどうしよう。それより既にまわりのお客さんが嫌な顔をしてるんじゃないかしら。

母の日を前に、アメリカのLCCであるJetBlueが赤ちゃん連れのお母さんがハッピーになれて、他のお客さんもハッピーになれるキャンペーンを行った。

この日、ニューヨークのJKF国際空港からカリフォルニア州のロングビーチまで行く便はいつものように飛び立った。機内には5人の赤ちゃんが搭乗している。案の定、離陸まもなく泣き出す子の姿も・・・。

やれやれとばかりにヘッドフォンで泣き声が聞こえなくする乗客もいる中、CAさんがアナウンスを始めた。今日のフライトはスペシャル・ジェットブルー・フライトだというのだ。5人の赤ちゃんがもしも泣いてしまったら、次回のジェットブルーでのフライトチケットが安くなるんだという。1人泣くごとに25%、4人泣いたら100%(つまり次回フライト無料!)だ。

こうなると、赤ちゃんの泣き声にちょっと笑顔になってしまう乗客たち。ゲンキンではあるが、そんなものだ。ロングビーチまであと少しというところで4人目の赤ちゃんが泣いた。乗客たちは待ってましたとばかりにみな拍手だ。みんな「泣いてくれてありがとう!」と思っていただろう。

赤ちゃんを連れていたお母さんも、我が子が泣いて白い目で見られるどころか喜んでもらえるのだから、ストレスはなかったろう。こういうフライトが常ならお母さんも飛行機に臆することないのだろうが、現実はそうもいかないんよねぇ。

ただこれが常になるとなったで、子が泣かないことがプレッシャーになって自分の子をツネってでも泣かすような親や、ヒロイック・シンドロームでわざと泣かせて拍手を自分が浴びた感覚に陥る親が出てきそうなんだよねぇ。だからオールハッピー(航空会社もある程度割引しても乗ってもらえればOK、素晴らしい会社だと思ってもらえばOKであるなら)とも言い切れない部分があるのではと思ってしまうのです。難しいところです。

さてさて、本題とは関係ないのですが、途中でヘルメットみたいなものを被った子がいて気になってしょうがないのです。あれは何なんだろうか。


  • 2016-05-04 (水) 11:35
  • Video

ホーム > Video > 機内で赤ちゃんが泣き出したら全ての乗客が喜んだ!JetBlueによる母の日キャンペーン「FlyBabies」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top