ホーム > Art > 人の血液でつくられたキノコ雲。広島と長崎に落とされた原爆を問うポスター「It’s All Our Blood」

人の血液でつくられたキノコ雲。広島と長崎に落とされた原爆を問うポスター「It’s All Our Blood」

It’s All Our Blood

戦後70年。同時に、広島と長崎に原子爆弾が落とされてからも70年。
一人のイギリスのデザイナーが、二つの都市に落とされた原爆のキノコ雲をイメージしたポスターを制作した。

制作したのはHarry Pearceさん。
イギリスのPentagramでデザイナーをされている。

彼に今年アメリカのメリーランド州のアートギャラリーから「爆弾を問うポスター」の作成依頼があった。彼は、これまでの歴史の中でも最も残酷で衝撃的な、日本に落とされた二つの原爆をテーマにすることにした。彼は別のプロジェクト中に、水に落ちたインクを見て閃いた。

水からの血液を採取し、水に落とした。
高さや水の温度を変えながら何度もチャレンジし、ようやく納得のいく写真が撮れた。

水に落とされた血液は沈んでいく。
その瞬間を撮影し、上下を逆さまにするとまるでキノコ雲のように見えた。

「It’s All Our Blood」
それは全て私たちの血液です。

写真は「HIROSHIMA」「NAGASAKI」という2つの都市名と共にレイアウトされ、ポスターとなった。

→It’s All Our Blood - Pentagram
http://new.pentagram.com/2015/03/new-work-its-all-our-blood/

  • 2015-08-13 (木) 7:39
  • Art

ホーム > Art > 人の血液でつくられたキノコ雲。広島と長崎に落とされた原爆を問うポスター「It’s All Our Blood」

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top