ホーム > Books > デザインのひきだし 13

デザインのひきだし 13

デザインのひきだし 13
発行:グラフィック社
amazonでこの本を見る

ようやく買えたよ、『デザインのひきだし』
この本に文句つけるなら、田舎の書店に回ってくるのが遅過ぎってとこでしょうかw もうね、取次ぎさんミスしてでも回して!って思うほど。かといって発売当初はAmazonでも売り切れてるし・・・

第1特集は「ピンクマスター、デジタル孔版印刷、青焼き、ガリ版、オンデマンド印刷などなど少部数から使える、刷りも価格もステキな印刷!」
表紙が既に青焼きですからね、ぺらぺら(笑顔で)
青焼きなんて、ここ田舎でさえも「青焼き ○○印刷」なんて看板自体が色あせてるほどなのに、それを表紙にしちゃうステキさ(笑顔で)!味があるというか、レトロというか、懐かしいというか。こういうことこそ「ひきだし」なんですよね。作る時、提案する時に、このひきだしを知っているかいないかでは大きく違う。

第2特集は、デザイン対談・対談・対談!
平野甲賀×大原大次郎
尾原史和×原田祐馬
寄藤文平×佐藤直樹
豪華です。

さらに、書体早見帳が付録で付いていて、いつもよりも誌面が開きにくい(笑顔で)印刷見本がとじ込んであります。

先日香港のグラフィックデザイナーのともだちとネットでやりとりをしていました。香港でも価格は高いものの日本の本が買えるとのことで、この『デザインのひきだし』について聞くと「Each issue of Design no Hikidashi are crazy packaging! However, my favorite designer magazine is デザインの現場( 3 )」 と答えてくれました。いや、ほんとクレイジーだよね(笑顔で)!

→デザインのひきだし・制作日記
http://dhikidashi.exblog.jp/

  • 2011-07-03 (日) 8:15
  • Books

ホーム > Books > デザインのひきだし 13

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top