ホーム > Books > デザインのひきだし 7

デザインのひきだし 7

デザインのひきだし 7発行:グラフィック社

紹介がかなり遅れてしまった「デザインのひきだし7」
上の画像だとクラフト系の帯(もしくはそんなデザインの表紙)みたいだけれど、これが違う。本屋さんへ行けば一目瞭然なのですが、ちょっとネタばらししてみます。

クラフトっぽく写っているところは、段ボール。
そう、段ボールから本体である本の部分が見えているのです。しかも段ボールの箱は、厚みが4センチほどもあり、本屋さんでも威圧感ありありです!本自体は1センチくらいの厚みなので、あと3センチほどには何があるのか。箱から本を取り出すと、中からいろんなものが出てくるのです。

デザインのひきだし 7デザインのひきだし本体、雲母刷り指南書(これもすごい!)、名久井直子さんと斉藤倫さんによる蛇腹絵本「いぬはなく」、斜めに裁断されたメモブロック。そして箱も特注品。

いやいや、造本だけでなくて、今回の内容ももちろん読み応えあり。
巻頭特集は、書籍、雑誌、パンフ、手帳から文具、メモ帳まで 製本加工はここまでできる!だからメモブロックが付いていたんですねー。斜めの曲線裁断メモブロックは、去年に印刷会社の営業さんが持ってきたけど、コストが合わず断ったっけw

インタビューには菊池信義さん、植原亮輔さんと渡邊良重さんが登場。

京都・便利堂のコロタイプ印刷についても紹介があります。
コロタイプ印刷のサンプルも挟み込まれていて、その階調には驚くばかり。Shin-biでコロタイプ展があった時にびっくりしたこと思い出した。

巻末にはスケスケな紙や素材、加工の特集があり、サンプル紙が大量に収録されています。同じ透けといってもここまで幅が広いことを思い知らされる。個人的に、今一押しのスケは、タントセレクトTS-1の70kgでーす!と叫んでみたりしてw

→グラフィック社
http://www.graphicsha.co.jp/

  • 2009-08-04 (火) 7:32
  • Books

ホーム > Books > デザインのひきだし 7

検索
Popular Entries
Recent Entries
Recent Comments
タグクラウド
ページ
フィード
 subscribe to my RSS
follow us in feedly
このブログをはてなブックマークに追加
Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
Add goo
Subscribe with Bloglines
メタ情報

Return to page top